食べたいほどに愛してる

グルメ

自分でもギリギリアウトだな

と思うのですが

犬と牛を非常に愛しており

もし愛犬が死んだら食べて

取り入れたいと本気で思うわけです。

 

牛は、

誰かが殺して皮をはいで

切り刻んでパックに肉片を詰めて

売られとりますが。

それが合法的であって、

なにはともあれ

愛する牛を食べることができる事実。

ヒジョーに究極的な愛の形を

スーパーで買えてしまうわけです。

食べるときは美味い以上に

好き好き好き好き愛してるという

好きすぎる感覚も伴います。

豚肉にはないことです。

 

殺したいとは思わないけど

死んでしまったのなら

食べるしかない!と思うのです。

 

いや、もちろんそれは

愛犬や牛からしたら

大迷惑なのに違いない。

 

いやでも、ここまでの愛を持って

食べられる彼らは間違いなく

成仏するだろうとかいう、

これまたヤバイ感覚が湧いてきます。

 

アイドルストーカーの心理は

犬と牛に置き換えると分かる私です。

そう、ギリギリアウトですんません。

この記事を書いた人
もっちー

もっちー合同会社代表。
子供の頃から霊的世界が視えたり聞こえる狂人である。

その異常性に悩んだ時期を経て、
むしろ活かそう!と決めてから現在に至るまで
延べ15000人の【自分らしく生きるため】の
鑑定・コンサルを13年やってます。
労働が苦手なので仕事は遊びの延長。

★東京出身、三重県在住 ★趣味はゲーム

↓各種SNSボタンをおしてフォローしてね

もっちーをフォローする
グルメ
もっちーをフォローする

コメント