絵の技術とは…。

アート

大学受験のために必死で勉強するように、腕が鈍らないように必死で演奏するように、美術の分野も実は同じだ。

美術は「才能」だけだと思われがちだけど、例えば美大受験で必須のデッサンは、鍛錬、もはや修行だ。

1日何時間も描き続け、浪人すればその期間はもっと伸び、「みんな精神的におかしくなるよ」と、東京芸大出身の方が言っておられた。

 

私はそういう過程を通らずに来てしまった。

やってみたらなんとなく出来た、という浅い経験が多く、その先に繋がって行かなかった。

で、基礎がないから描くのに時間と労力がかかる。

 

表現するための技術。

頭では分かってる。

でも向き合おうとすると、途方にくれて泣きたくなる。

 

「努力」「継続」

私の課題。

ほんと、吐きそうなほど苦手。

やり方が分からず、一気にやろうとして自滅する。

ちょっとずつでも、続けていくことが大事なのにね。

調節が出来ない。要領が悪い。

 

人生は「苦手」と向き合わなきゃいけないように出来てんのかな。

その先に、理想の自分を掲げて。

ここへたどり着きたければ、がんばりたまえ、と。

この記事を書いた人
深 雪

何も出来ない。
本当に、何も出来ない。
「写真」という得意だった表現方法から逃げてきた。今再び返ろう。
努力と継続が苦手なのに、40代から絵画と英語をマスターしようとしている。
光も闇も描きたい、イタコアーティスト。

深 雪をフォローする
アート
深 雪をフォローする

コメント