カガミなボクラ

つれづれ

この世界で起こる出来事は見た目通りのものはほとんどなくって、 表面的なものに囚われているとその本質がわからないことが多い。

それはぼくらが鏡を見るとき、「鏡を見ているようであって、実は鏡に映っているものを見ている」 というのに似ている。

これをさらに例えると、ぼくらの本質は鏡で、そしてこの世界に見えている現象は鏡に映った映像に過ぎないと言えると思う。

鏡の中では何も起こっていない。
鏡の中には何もない。
何もないからこそ、あらゆるものを映し出すことができる。
そして鏡の中は恐ろしく深く広大だ。
それがぼくらの本質じゃないかな、って。

鏡に何を映すかは自由。
そして何を創造するか、つまり、何を映し出すか選ぶには、鏡の向きを変えれば良い。
映したいものに目を向け続ければいいのだ。
そうやってぼくらは目を向け続けたものを、絶えず創造し続けているはずなんだろうなっ。

コメント