誰?

つれづれ

自分は誰なのだろう
ふと考えることがある。
親がつけた名前で呼ばれる。とりあえず、自分のことだろうと思って振り向く!そして、大きくなるにつれて、それが当たり前になっていく。

僕は子供の頃、空を飛んでいる夢をよく見た。すっごく高い山があってその間を飛んでいく。
そして、よく山にぶつかりそうになってヒヤヒヤしてた記憶がある。
ドラゴンボールの世界みたいだった!笑

私は日頃から天井を見ながら、妄想の世界に入っていることがある。
ふと下を向くと体が見える、あっ!手がある。
あーこれが自分の体なんだと現実に戻る。

人からみると妄想活発な変な人!ってことになるだろう。実際、自分でも変なやつだって思ってるいるし。笑

20代になってからかな‥自分の背中を斜め上から見てるんだよね。第三者的な目線で!
へぇー自分の体ってこんな感じなんだー見てるの!
何か喋ってる記憶はないし、感情もとくにない。ただ見ているだけ。
それを不思議とは思わず、ただ何気なくみている。

先日、また自分の背中が見えた。今回は夢の中だった!最近は夢をあまり見ないし、覚えてない。
だけど、今回は覚えていた。

職場の人と話してた。子供の送り迎えがどうのって話をしてた気がする。
そしたら突然、じゃあ日本には僕が住むとこはないか〜、仕方ないな〜‥
とか言いだした!

ふ〜ん、そうなんだ。とか思いながら目が覚めた!
ん??と思いながらも、少し納得している自分もいた!

今後、この体はどこに行くつもりなんだろう‥
僕はいったいなんだろう。ずっと探してる。

この記事を書いた人
KAZUKI

幼少期は泣き虫でいじめられっ子、家庭のトラブルもあり無口な性格はとなっていく。中学生の時に空手と出会い人生が変わり始める。格闘技の楽しさに目覚めプロになるため、ひた走るがプロデビュー戦を最後に引退。試行錯誤の末に、白衣の天使に憧れて30歳を前に学校へ!いざ、輝く世界へ‥
しかし、そこに天使などいなかった!
そして今、人生の岐路に立つ。

KAZUKIをフォローする
つれづれ
スポンサーリンク
KAZUKIをフォローする

コメント

  1. MAZIO オジマ マジオ より:

    ちょっと違うかもしれないけれど、時々ぼくも、自分がどこにいるのか誰なのかわからなくしてるとこあるかなあ。
    わざとそうなりたくなるっていうか。