狂人なのかもしれない

追想

夫婦のあり方は難しい

僕の両親は離婚してます。

夫婦喧嘩程度で終わるならいいけど、

「修復不可なら、さっさと別れちまえ!」

どっちが善でどっちが悪とか、そんなのはどうでもいい。

これが僕の持論です。

親の不仲を見せ続ける事ほど、子供に悪いものは無い!

よその家の親が羨ましいと思っていた。

僕の心は日に日にすさんでいった。

真っ白なキャンバスが、汚されて行くように

 

 

 

 

でも、父のことは

大好きなんだ

あの、大きくて、頼もしいままでいてほしいんだ

 

苦しいときもがんばって、僕たち子供達のためにがんばってくれた。

温かく見守ってくれた。

無償の愛を注いでくれた。

 

 

必死に生きて

不器用だから、誰にも苦しいと、言わなかった。

不器用だから、誰にも助けを求めなかった。

 

 

その苦しさを

自分で消化しようと、

紛らわそうと

酒に逃げていた

 

 

僕は社会人となり地元を離れ、働いていた

自分のことで精一杯の生活が続く

帰省するのも、半年に一度ペースくらいの状態が続いた。

 

 

ある日の夜、電話があった。

普段かかってくることのない叔父から泣いたような声だった

ただ事ではないと感じた。

 

 

 

父は自ら命を絶とうとした

 

 

 

なぜ、そんなに辛かったのに、言わない!!

僕は、怒りなのか不安なのか

ただ、思いのほか冷静だった。

 

誰も気づいてあげられなかった

ごめんと思った

 

 

命は助かった

 

 

不謹慎かもしれないが、

いっそ、その命が尽きた方が、

楽になれただろうとも思った。

 

 

もっと生きろと?

もっと苦しめと?

 

神は言うのか?

それとも悪魔が言うのか?

 

この世は残酷過ぎる

 

でも、助かった

純粋に嬉しかった。

 

だが

それと同時に、父は精神を病む

いや、病んでいたから自殺しようとしたんだろう

 

妄想を見るようになる。

ある日、病院に連れて行く車の中。

父は、怯えながら、後ろから車に付けられている。と言う。

いつも追ってくるのだと言う。

 

僕は、バックミラーを確認するが、車はいない。

何もいないと伝えるが、

まだ追ってくるという

 

 

まだ父を苦しめるのか?

 

神も、悪魔も関係ない

俺が絶対的力で全力で抗ってやる!守ってやる!

 

 

 

僕に出来うる事はした。

そして、回復した。

 

 

 

それから10年が経った

でも、最近やっぱり辛くなってきた?

 

 

もう頑張らなくてもいいよ

 

 

 

ただ、笑っていられるように

 

 

 

 

もう楽になって下さい

お願い

お父さん

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

人生半分美容師だ。高卒で美容室勤務。通信で美容師免許取得。20代はただひたすらに仕事に明け暮れる。今みたいにパワハラなんて言葉はない!理不尽でも嫌なら辞めるしかない。謎の呼吸困難に陥る。今思えば、パニック症候群。それでも辞めることは考えなかった。というか2度辞めてたから、腹が決まっていた。俺はこれで一生飯を食う!その覚悟が決まれば、もう迷いはなかった。独立して早10年。しかし今また、揺れ動く。山伏ではないだろう。Next stageへ

イナバプロ@キャラメル代表社員をフォローする
追想
イナバプロ@キャラメル代表社員をフォローする

コメント

  1. オジマ マジオ オジマ マジオ より:

    息子がいるから読んでてなんか、心が響く!