日記

ねいる

わりと大きめのケージの中に、子豚を飼っている。 雨が過ぎ去ったある晴れた朝に、豚とふたりで公園に出かけた。芝生は遠目には見えない露をまとって、キラキラ輝いていた。 ぼくは彼のことを不憫に思い、ケージの外に出してみることにした。 ...
つれづれ

カガミなボクラ

この世界で起こる出来事は見た目通りのものはほとんどなくって、 表面的なものに囚われているとその本質がわからないことが多い。 それはぼくらが鏡を見るとき、「鏡を見ているようであって、実は鏡に映っているものを見ている」 というのに似ている...
つれづれ

人が恋しちゃうわけ

よるめしは、ねぎトロ丼。 醤油とみりんと酒を合わせ、ひと煮立ちさせタレを作る。それを冷ましているうちに外出。帰宅すると部屋中に立ち上る香しさに気づいた。 部屋にいる時は気づかなかった、とても仕合わを感じるそれ。脳よりも、DNAの...
日記

何がしたいんだ…?

セブ島出身、鳥取市在住のレブロンという名の男性から、友達申請が来た。 見た目、素朴そうなおっさん。 あ、 この人、英語教えてくれないかなー? (海外に興味津々だけど、英語が苦手な私) でも怪しか...
アート

絵の技術とは…。

大学受験のために必死で勉強するように、腕が鈍らないように必死で演奏するように、美術の分野も実は同じだ。 美術は「才能」だけだと思われがちだけど、例えば美大受験で必須のデッサンは、鍛錬、もはや修行だ。 1日何時間も描き続け、浪人す...
つれづれ

たましいはクレイジー(ソルト)

たましいは、我々が思っている以上に、すっとんきょうなのだ、と思っています。 自意識が予想もつかないくらいに、いろーんなものを求めてて。 たとえば忌み嫌われているあれ。そう、苦しみってば、たましいにとっては悪いだけのものじゃない。 ...
つれづれ

仲間なのに何故けんかする

「誤解というものはなく、考え方の違いがあるだけだ」今日読んだ小説の主人公がこう述べていた。 そうだ、あの娘と、そしてぼくの間には、ただ単に考え方の違いがあっただけだったかもしれない。相手との考え方の違いを理解できないと思う、そこに誤解とい...
アート

血液の誘惑

エロもグロも苦手なんだけど、 美しさを保っている、そういうものは好き。 血液も、美しいものと、醜いものがある。 その境界線は、人それぞれ。 ↓人造人間。 注 : 絵の具でーす。
つれづれ

ドブネズミの美しさ

醜いものは美しく、美しいものは醜い。 美しさには陰(かげ)があるが、ただ綺麗だけのものには陰がない。 不倫がバレて避難の渦中に居る有名人などが報道されるけれど、気付くと心中そういった方を擁護していることがある。例えば以前のベッキーと...
つれづれ

もし地球が喋ったら

あっ、暑い!そこ暑いって!あつつつつつー、、、 あ?!寒っ!寒い寒い寒いケツと頭のあたり凍傷になりそうなんやけど。 暑っ!寒っ!せわしないわ! 他方わき腹と言えば乾燥してるし、できもの出来てるし、ニベア塗らないと。...